プロフィール
ブログ
スケジュール
DKC
チャリティ ポロシャツ

<< 2019年03月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事
2019年10月11日
  「浜松上空です」
2019年10月6日
  「頑張りましたー!」
2019年10月6日
  「松島通過‥」
2019年10月6日
  「新幹線チュー!」
2019年10月5日
  「息子みたい‥?」
2019年10月5日
  「友達ワンピース」
2019年9月28日
  「優しいオシャレ」
2019年9月26日
  「ありがとうございます🍎🍎」
2019年9月21日
  「実りの赤」
2019年9月20日
  「母娘でシェアはいかが?」
みんなのコンテンツ
コミュニティ
登録 ログイン
おしゃべり広場
みんなでわぃわぃ!
ハッピートーク
妊娠・出産広場
不妊治療広場
子育てQ&A広場
教育・しつけ 広場
健康・病気・病院広場
仕事広場
美容・ダイエット
なんでも座談会

リンク | よくある質問 | サイトマップ
Copyright (c) mukaiaki.com All rights reserved.

ご質問・ご意見・お問合せ等はこちらまでお送りください。
おしらせ
コミュニティBBSがオープンしました!是非ご利用ください。

「ヒロドちゃんとおしゃべり会」

2019年3月29日

明日の『旅サラダ』で、番組を巣立っていくヒロド歩美アナウンサー。
大きく羽ばたいていくヒロドちゃんを、明るく送り出してあげたいと思うのですが。

そこはやはり‥ちょっと寂しいです、正直言って。
番組卒業が決定したとき、彼女もかなり泣いてしまっていたそうですし。

でも。
「また会えるよね。チョコチョコ集まって飲もうね!」ということで。
こちらは先日、沖縄料理屋さんでおしゃべり食事会を開いたときの写真です。

元プロデューサーさん、ディレクターさん、そして青木愛ちゃんも一緒です。うきき。

ちなみに。
みんなで手に持っているのは、私が「プチお手土産」としてお配りした、会津名物の辛いお味噌です(笑)。

その美味しすぎる使い方のご紹介は、また「I❤Fukushima‥」ブログで改めてご紹介するとして。

ヒロドちゃんの明日の晴れ姿を、皆さま、是非楽しみにしてくださいね。
『旅サラダ』では最後ですが、言うまでもなく、これからも彼女の活躍はどんどん続きます。

なんだか家族みたいな感じです😆✨
応援、よろしくお願いします!


「春レモン🍋」

2019年3月29日

YUKI TORIIさんの心弾むセットアップです。
こんなに優しい発色のレモン色、これまで着たことがありません。

風のように軽いボウタイブラウス。
タイトスカートが硬くなりすぎないのは、スリットにロマンチックなレースがあしらわれているから。

着ているだけで気分が上がりますが、実はこの明るい色味がレフ板効果を生み、顔にかかる影の部分をはね返してくれるんですよねー! わーい!

バタバタ何かと忙しい春。
気持ちも顔色までもアップさせてくれるレモン色を選んでみてはいかがですか?


「頑張りましたー!」

2019年3月29日

先週、万里結太の卒業式がありました。
卒対を引き受けていたので、2人と一緒に写真を撮ることは、結局まったくできなかったのですが。いやはや、バタバタの一日でしたぁぁぁ。

しかし。
卒業式が無事に終わり、卒業を祝う会(プチ謝恩会)がお名残惜しく閉会となり、後片付けもすべて終わったとき、こんな、ほっこり幸せな記念写真を撮ることができました。

実は「蛍の光」途中でお腹が痛くなってしまい、速攻で家に戻って痛みを止め、きっちりしたスーツからゆるゆるブラウス&全方向ストレッチスカートに着替えての大復活だったので。

本当に本当に心の底からホッとしました。

思えば。
幼稚園の卒園式。
小学校の卒業式。
そして中学の卒業式。

幼稚園の時は、まだ腎臓不調が抜けておらず、卒対委員にはなれなかったのですが、マックスお手伝いをしたつもり満々ですので、‥もうずっと卒対活動には精一杯努めてきたワタクシであります。

2001年3月、まだ東大附属病院に入院していたあの頃。
ガン仲間のママさんが、どうしても幼稚園の卒園式に出席すること叶わず、本当におつらそうだったご様子を少しだけ知っていたので。

そして「小学校の入学式に行ければいい。その日を目指してとにかく外出許可をもらえるようにら頑張りたい。卒園式はママ友たちが必ず盛り上げてくれるってわかっているから。きっと、あの子は寂しい思いをしないで済むはずだから‥」と話していたらしいと、聞いていたので。

そのママに命の燃やし方を教わった私としては、「卒園式&卒業式は、絶対にベストを尽くして盛り上げなくてはならないもの」になっていたのでした。

今回の腸閉塞には参りましたが、このくらい歯を食いしばったほうがピッタリの日のような気さえしてきます。
ダンナにも「どうしてまた引き受けるの? もうPTAのノルマは終わっているのに?」と、毎度不思議がられつつの幾年月。

そのタネアカシを、今ここで初めてする向井です。
願かけだったので、今日まで内緒にしていてごめんね、ノブさん(笑)。

今年も、皆さんの卒園式、卒業式、謝恩会が心温まる素敵なひとときになっていますように。
あのママの息子さんが、どうか夢を持って毎日を過ごしていますように。